【YouTube体験記Vo.1】ビジネスパーソンが音声動画を5本公開して失ったもの、得たもの

こんにちは。
ライティングパートナーの佐野創太(@atsuhiko_kamiya)です。

本日はYouTubeに5本の音声を公開して分かった体験記を書きたいと思います。
いつもはノウハウ記事ですが、今回は雑記ですね。

音声動画で視聴する場合はこちらになります。

YouTubeを始めてみて失ったもの、得たものがあります。
これからもこの2つは増えていくと思いますので、
どんどん更新していきます。

「おもしろみがないよね、せっかくのYouTubeなのに」

上の見出しの言葉は、私のYouTubeを見た前職の先輩の言葉です。
自分でも薄々気づいていたり、自分で言うならネタにもなることを
人から言われるとダメージが大きいですよね(笑)

自分でも分かってはいるんです。
Youtuberの方やミュージシャンの方の
おもしろおかしく、時には真面目な姿を毎日見ているので
どうしてもそれらと比べてしまって、
自分のエンタメ性のなさに自分で引いてしまう。

学生時代も会社に在籍していた時も
飲み会で笑いが取れる人、ムードーメーカの人が大好きだったのですが
同時に「自分とは住んでいる世界が違うな」と
よく思ったことを覚えています。
コンプレックスが刺激されますよね(笑)

特にビジネス系Youtuber(という言葉はあるのでしょうか?)の方は
どうやっておもしろさを動画に反映させていったのでしょうか。
普段の頭の使い方とはまた違うような。
それとも、おもしろさは飽和状態だと捉えて
あえて近づけることをしないのか。

元々の畑はビジネスで、集客のツールとしてのYouTubeであったり、
ファンを増やす目的でYouTubeを捉えている方が
どうやって続けているか知りたいですね。

「動画が好きだから気がついたらYouTuberと呼ばれていた」くらいの方が
最も続くし楽しいコンテンツも提供し続けているように思います。
目的と手段が一致している人は強いです。

発信する人は不安とコンプレックスを抱えている

そんな失うものばかりのYouTube動画の公開だったのですが(笑)、
一つ大きなものを得ることができました。
それはリスクを取って発信している人の気持ちを
また一つ理解できるようになっているかも、というものです。

音声を公開すると「抑揚なくて聞いてられないな」であったり「声よくない」であったり
いろいろ自分の至らない点が分かってしまいます。
最終的に「これは自分の性格のつまらなさが音声になっているのでは」と
内面を深く抉るような気持ちになることもあります(笑)

でも、これまでずっと名前も顔も出して発信し続けている人は
コンプレックスや不安を抱えながら、
時にはリスクも感じながら発信しているのでしょう。

私はライティングパートナーとして
経営者の方やミュージシャンの方の発信コンテンツを
一緒に作る仕事をしています。
パートナーの方はみな、リスクを取って発信している方ばかりです。

そんな方々の気持ちに1ミリでも近づけたかもしれないと思うので、
これからもYouTubeでの発信は続けていこうと思います。
トップを経験したことがない人が「参謀役です」と言っても説得力がないことと同じで
発信するリスクや不安を知らない人に、発信する人が心を開くことはないでしょうし。

・・・再生回数が一桁、二桁の状態でいつまで続くか、自分でも楽しみです(笑)

編集後記~YouTubeって本の表紙をサムネイルにしてもいいのでしょうか~

いろいろ気になることも増えてきて、調べものが増えてきました。
本を読むことが多く、動画の中でも触れていきたいなと思うので
本の表紙をサムネイルにしたいんですよね。

これもYouTubeを公開して得たことかもしれないです。
興味も増えましたし、人に聴くことで会話が広がることも増えました。
YouTubeはビジネス系の人が公開しても得るもの大きいですね。
もっと早く始めれば良かったです。
そしたらもっと心臓強くなっていたはずです(笑)

お問い合わせ先・リンク集

■お問い合わせ先
・お問い合わせページはこちら
・メール:s.sano@writing-partner.net
※Xを@に変えてお送りください。
・匿名でのご質問を希望される場合は下記をご利用ください。
(1)マシュマロ
(2)質問箱

■リンク集
・プロフィール、活動実績ページはこちら
・twitterはこちら
・自己紹介の音声動画はこちら

・もし、ヴィジュアル系がお好きな方がいらっしゃいましたら
ヴィジュアル系の深読み話』もご覧ください。
V系深読みライター神谷敦彦としても活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です