クライアント企業様へのお願い

こんにちは。
佐野創太です。

大変恐縮ですが、、、
貴社の一員としての意識を高く持つことでしか
成果を挙げられないと考えております。
そのため以下の3つのことをお願いさせてください。

=====
(1)貴社を私の家族、親友に紹介させてください
私はクライアント企業様の採用活動を広報するときに
絶対に手放せない考えを持っています。

それは「家族、親友に入社を薦められるか」です。
しかも「入るといいと思うよ」といったレベルではなく
「絶対に入るべきだ」と説得したくなるレベルです。

そのため、貴社について教えていただく機会を
何度もいただいてしまうかもしれません。
ときには社長様、役員様、部長様、若手社員様、新入社員様、内定者様と
お話させていただく機会をご検討いただいてしまうかもしれません。

(2)競合他社様の情報はご提供が不可能です
私の採用ライティングはどう書くかといったHowにとどまりません。

クライアント企業様がその業界、その属性で
どんな企業と見なされるかというWhatまで変化します。
そのため、ときには同じ業界の企業様に
採用候補者様が応募、入社しなくなる可能性も秘めています。

また(1)に書かせていただいたように、
クライアント企業様の大切な情報まで教えていただくこともございます。
そのため、同業他社であると判断させていただいた場合は
せっかくのご依頼ではございますが、
遠慮させていただく場合がございます。

(3)「うまいこと書いておいて」はできません
ライティングパートナーという概念がまだ広まりきっていないこともあり、
私の仕事は採用活動において不利なことも良いように見せること、
つまり求職者様を「騙して入社させること」と誤解させてしまうことがございます。

しかし、悪いものを良いものに、ないものをあるかのようにすることはできません。
既にあるものがより伝わる形で、貴社の理念、サービス、社員様の魅力が
候補者様により正確に届くことを支援するのが私の仕事となります。

もし「0から1を生み出す魔法」を採用活動で実現したいとお考えであれば、
他の企業様にお問い合わせください。
=====

ここまでご覧いただいてお分かりになるように、
私は「顎で使える都合の良いパートナー」としては不適切です。
ときには率直な物言いが無礼となってしまうこともあるかもしれません。

しかし、3点を承諾いただけるのであれば
貴社のライティングパートナーとして
必ずや成果を上げられることをお約束させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

佐野創太  ライティングパートナー/採用マーケティングコンサルタント
(お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です